独学とプログラミングスクールのそれぞれの特徴

subpage01

プログラミングを学びたいと考えた時の手段として、独学で学ぶ方法と、プログラミングスクールに通う方法が挙げられます。


どちらを選べばよいということは一概には言えませんが、二つの違いを理解すれば、独学でも十分に学習することができるはずだったのに、その可能性をつぶすことになってしまうでしょう。
勉強を始める前に、独学とプログラミングスクールの違いを把握しておくことが大切です。

テックキャンプ(TECH CAMP)

プログラミングを独学で学ぶ際の特徴としては、自己管理が必要であること、自由に学習スタイルが決められること、自己流の勉強法になりがちだということが挙げられます。



このように自分で勉強できることとは引き換えに、なかなか全体像が見えないままに学習を進める必要があります。道筋が分からないところから始まるため、工夫もなく勉強していれば、途中で挫折してしまう可能性が出てくることでしょう。

反対にプログラミングスクールの特徴としては、学習仲間ができたり、質問ができる、学習カリキュラムが設定されているなどといった、学習の最終的な目標が見えやすいことが挙げられます。



一緒に勉強する仲間ができるということは、モチベーションにも大きく影響するものです。また講師に質問ができる状態は、実はプログラミングを学ぶ上で最高の環境であり、スムーズに学習を進めていくためには重要なポイントとなります。

またカリキュラムが設定されているので、スタートからゴールまでが明確に示されているので、実現する可能性に近づいていることがわかります。