リンパマッサージで顔のたるみを取ろう

顔のたるみが目立ってくると、一気に老けた感じを人に与えてしまうものです。

そこで、そんな顔のたるみを解消するために、是非とも試してみたいのがリンパマッサージでしょう。私たちの全身にはリンパ管が張り巡らされており、その中をリンパ液が流れています。このリンパ液が、体内で消化されずに残ってしまった余分な糖分や脂肪、また老廃物などを、出口となる鎖骨下のリンパ節まで運んでくれるというわけです。顔のたるみを取る目的でリンパマッサージを行ないたいと思う場合、まず最初に行なわなければならないこととは老廃物のごみ箱とも言える鎖骨下のリンパ節を空にすることです。

それで、鎖骨に向かって首の側面に沿ってリンパ液を流すようなイメージで軽く押してみましょう。こうしてリンパ節を空にしたなら、今度は顔のたるみを取るのに効果的なツボを押します。一つは頭のてっぺん部分にある百会と呼ばれるツボです。他にも眉間の真ん中にある印堂と呼ばれるツボ、さらには小鼻の両脇のくぼんだ所にある迎香と呼ばれるツボなどです。
顔のたるみマッサージの方法です。

これらのツボを押してマッサージすることができます。その後、後頭のリンパ節を流し、鎖骨の下まで流してきます。最後に、腋窩リンパ節に余分な老廃物を押し流しましょう。このようにして、毎日簡単なリンパマッサージを続けることによって、溜めこんでしまった老廃物や脂肪を排出できるようになり、気になっていた顔のたるみを取ることができるようになるでしょう。

返信を残す

必須項目には印がついています*