Skip to content

お風呂でのセルフ脱毛の落とし穴

お風呂でセルフ脱毛をするのは、楽でいいかもしれません。

部屋でのセルフ脱毛もできますが、お風呂で処理を済ませようと考える人の方が多いです。お風呂での脱毛では、剃刀を使うケースが多く、何かを塗って肌にカミソリをあてることになります。よくあるのは、お風呂場にある石鹸を、肌に塗ってから剃る方法です。体を洗うためにも常にお風呂場にありますし、すぐそこにあるのですから、使うのはかなり楽です。脱毛を行う前には、何かを肌の上へ塗る事によって、余分な摩擦を避けることができます。

カミソリの滑りもよくなりますので、必要になってくるプロセスではあります。しかし石鹸などを何回も使うと、それによって表皮の皮脂やうるおい成分まで、一緒に洗い流すことになります。

ボディソープや石鹸は、汚れをしっかりと落とすためのアイテムです。何回も使うことで、肌は乾燥をしやすくなります。乾いた肌は弱くなりますので、カミソリ負けを起こしやすく、肌荒れにもなりやすくなります。セルフ処理をしたあとに、肌が赤くなるのは、こうした石鹸などの成分も関わっています。お風呂での自己処理は気楽ですが、使うなら石鹸やボディソープではなく、専用のシェービングフォームがいいでしょう。

もしくは、シェービングクリームを使うといいです。自分で行うムダ毛処理は、自分での肌の管理が重要ですので、自らで肌荒れを起こす行動はやめましょう。潤いを落としきらないように、何を使うかは考えることです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *