Skip to content

レーザー脱毛ができない部位とは

美容クリニックで行う医療脱毛は、出力の高いレーザーを使用して行うレーザー脱毛です。

威力が高い分痛みも強いですが、その分脱毛効果は半永久的ですので一度しっかりと処理を行えばその後はムダ毛の処理に時間を取られることはなくなるのです。

ただ、脱毛効果の高いレーザーですが、照射できない部位もあることをご存知でしょうか。レーザー光線は、黒い色をメラニンと判断してそこに熱反応をさせて毛根を破壊していくことで処理を行っていきます。そのため、毛の黒い色と同じく位黒いシミやほくろなどは、レーザー光線にメラニンだと感知されてしまうためその部分に熱反応が起きて火傷をする恐れがあるのです。

ほくろやシミが多く、その色が非常に濃い場合にはシミやほくろなどの消す治療を行ってから施術を受けるのが望ましいとされます。また、もともと色黒の人や日焼けで濃い肌をしている人などは火傷をしやすいので、日焼けのあとが消えてから施術を行う必要があります。その他、もとから色素沈着をしている乳首や肛門、陰部周辺などもレーザー光線を当てると火傷をしてしまうのでレーザーでの治療が困難花部位といえます。

とはいえ、ほくろやシミが多い人あるいは日焼けをしている人でも脱毛効果の高い美容クリニックでの施術を受けたいという人もいることかと思います。その際には、美容クリニックでしっかりとカウンセリングを行い、医師に相談するのが良いかもしれません。程度によっては施術が受けられることもありますので、あきらめずに一度伝えてみることをおすすめします。
沖縄で脱毛のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *