Skip to content

医療レーザー脱毛とは

医療機関等に分類される脱毛クリニックでは、一般的に、レーザーを用いた脱毛方法が採用されています。

ムダ毛を処理したい部位にレーザーを照射することによって、発毛組織にダメージを与えて、毛が生える能力を衰えさせます。ライトはメラニン色素に反応する特性があるため、明るい肌色には負担が少なく、安全に脱毛ができます。

ただし、黒い色の毛に作用するのと同時に、日に焼けた肌やあざにも反応してしまうため、肌質によっては処理できない毛もあります。軽いやけどを起こすリスクがあるからです。個人差はありますが、毛が生え変わる毛周期に合わせて、医療レーザー脱毛の施術を数回繰り返すと、毛が薄くなったと効果が実感することができます。

エステサロンで行われている光脱毛を比較すると、医療レーザー脱毛は、ライトを一転に集中させて照射させるため、より高い効果が期待できます。ライトが強い分肌への刺激も増し、ゴムでパチンとはじいたような感覚を受けることがあります。

クリニックでは、施術中の麻酔の使用が認められているので、痛みに敏感な人はカウンセリングの時に相談しておくといいでしょう。医療レーザー脱毛の施術を担当するスタッフは、資格取得者であることが義務付けられているので、信頼が置けます。

レーザーの種類には、照射範囲が広いダイオードレーザー、冷却しながら照射するので肌にジェルを塗布する必要がないアレキサンドライトレーザーなどがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *